+ Little Letter +

+ Little Letter +

北の大地からの Photo Letter
プロフィール

水無月

Author:水無月
北海道在住

気ままに撮ってます

* 撮影機材 *
CanonEOS 50D
CanonEOS 7D
CanonEOS 7D MarkⅡ
CanonEOS 5D MarkⅢ

CanonPowerShoto
      SX710 HS
iPhone5

EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM

**画像の無断転載・複製等は
ご遠慮願います**

アクセスランキング参加中

お気に召したらポチッ☆とお願いします(^-^*)

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
印象に残った画像は?

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
作ってみました

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20101224 Fri
クリスマスの贈り物 

クリスマスの贈り物 

クリスマスコンサート クリスマスコンサート クリスマスコンサート

聖なる夜に 素敵なコンサートに招待されました

若き音楽家たちによる 温かで ユーモアたっぷりの 楽しいコンサートでした


あなたは どんなクリスマスを過ごしていますか?


 

関連記事

Comment

from ベルニナ
メリークリスマス(^^)/

素敵なコンサートだったようですね♪
いいなぁ~。
こちらはごくごく普通の金曜日を過ごしました(笑)

↓のミュンヘン・クリスマス市って良いですね。
有名なドイツのクリスマス市は行ったことはありませんが、札幌に行けば楽しめそうですね♪
それにしても、なぜマトリョーシカ?(^^;)

ところで、水無月さん。

ロシア(帝政時代)の「ファベルジェ」って御存じでしょうか?
超豪華イースターエッグやミニチュア細工(宝飾品です)で欧米では昔から有名らしいのですが、
以前、アメリカへ仕事で行ったとき、たまたまその展覧会をやってたんです。
もちろん、ファベルジェなんてその時まで全然知りませんでしたし、
展覧会にもアメリカの友人に無理矢理連れて行かれました(笑)

で、その美術館のミュージアムショップで、いろんな種類のマトリョーシカを売っていたんですよ。
たぶん、ロシアつながりでそんなものが売られていたのでしょうね。
(結構人気があったようですよ)
しかしこちらはマトリョーシカ(実物)を見たのも、その時が実は初めて(^^;)
へぇ~...と思い、小さいものをお土産に買いました。
そして、優しい伯父さん(笑)からそれをもらったわが姪っ子は、
 「アメリカ土産のマトリョーシカ=マトリョーシカはアメリカの民芸品!」
と、ずーーーーーっと信じておりました、とさ(^^;)

つまんない話を長々とスミマセン...(^^ゞ

★ベルニナさん

from 水無月
ベルニナさん、Merry Christmas!v-255

コメントをくださり、とても嬉しいです♪ありがとうございます。

プレイヤーや指導者を目指す、音楽家の卵たち15人による手作りの
あったかぁ~い、とっても見ごたえのあるコンサートでした。
スタンダードのクラシックあり、ピアソラのタンゴあり、歌劇「カルメン」や
変装してのオペラ座の怪人、最後は全員でクリスマスメドレー。
会場の雰囲気はHappy Christmasとなりました。

さて、「ファベルジェ」…恥ずかしながら、存じませんでした。
ロシア皇帝御用達の宝石商だったのですね。
高い技術の工芸品は、海外に支店を増やしたとか。
ということで、アメリカにも進出したのですね。
アメリカでマトリョーシカ・・・不思議な感じもしますが、今や世界の民芸品が
各国で手に入る時代ですものね。
大好きな伯父さんのアメリカ土産がマトリョーシカ。
そりゃ姪御さんは、アメリカの民芸品と思い込みますよ~(笑)。

とはいえ、この絵柄はやっぱりロシアの雰囲気いっぱいですよね(笑)。
楽しいお話、ありがとうございました!

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。