+ Little Letter +

+ Little Letter +

北の大地からの Photo Letter
プロフィール

水無月

Author:水無月
北海道在住

気ままに撮ってます

* 撮影機材 *
CanonEOS 50D
CanonEOS 7D
CanonEOS 7D MarkⅡ
CanonEOS 5D MarkⅢ

CanonPowerShoto
      SX710 HS
iPhone5

EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM

**画像の無断転載・複製等は
ご遠慮願います**

アクセスランキング参加中

お気に召したらポチッ☆とお願いします(^-^*)

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
印象に残った画像は?

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
作ってみました

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140702 Wed
出航します 

出航します 

前記事から かなり日にちが空いてしまいましたが また ぼちぼち再開したいと思います ^^;

北海道の離島を結ぶフェリーは 3500tクラスであまり大きくはありませんが 観光シーズンインとあって

観光バスがどんどん積み込まれていきます




では いよいよ礼文島に向けて出航しまぁす 

ferry.jpg


我が家も 車を持ち込んでの渡航   こういう場所って なかなか撮らないですよね ^^; (iPhoneで撮影)

ferry2-iPhone.jpg


2時間程の船旅なので 当然カーペット敷きの2等客室ですが 道外からの観光客でびっしりです

稚内港を出て1時間 進行方向の左側に利尻島が見えてきて 皆さんカメラを持ってデッキへぞろぞろ出ていきます

ferry3-iPhone.jpg

この日は風が強く 波もやや高くて波しぶきも立っていたので 私は一眼は持ち出さずiPhoneで撮影

そして礼文島が近づくにつれ 濃い霧が・・・ ちょっと嫌な予感がします


礼文島に到着すると やはり霧 そんなぁ・・・('A`)

r1.jpg

とりあえず 霧が晴れることを祈りつつ 目的の場所に移動することにします

つづく・・・


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです (*^^*)

関連記事

Comment

礼文島

from
こんにちは。

船もいいですね!
利尻島が綺麗に見えていますね。
でも礼文島は霧だったのですか。
霧が晴れたのでしょうか。
続きを楽しみにしています。

姉は利尻や礼文には行けなかったようです。
いつか姉と一緒に行けるといいのですが…。

こんばんは

from wakazukuri
おお~、礼文島!
霧の晴れたその続きが早く見たいです・・・

利礼航路

from Joh
利尻島と礼文島は1度だけ行ったことあります。
その際は稚内までJR利用でした。
車両甲板を撮るのも面白いですね。

★静さん

from 水無月
こんにちは コメントありがとうございます。

船旅、いいですよ~。
でも実は私、乗り物酔いをしやすくて、この日も波が高くてかなり揺れました。
2等客室は絨毯敷きで、混んでいるとデッキやトイレに移動するのが大変です。
揺れていると他のお客さんにぶつかったりよろけたりで、この時は年配の女性がふらついて
座っている私のそばで仰向けにひっくり返ってしまいました。
笑ってはいけないと思っていたら、その方が大声で笑い出したので、
周りもほのぼのとした笑いに包まれました(笑)。
2等客室ならではの、ちょっと楽しいエピソードでした。

霧に悩まされた日、続きは記事に書きますね。
お姉さんはご都合が悪くなったのでしょうか?利尻・礼文にはこられなかったのですね。
いつの日か、お姉さんとご一緒の旅が叶うといいですね。

★wakazukuriさん

from 水無月
こんにちは コメントありがとうございます。

フェリーが稚内港を出航するとき、「宗谷岬」の曲が船内に流れました。
これはダ・カーポの曲ですね?
礼文島が近くなると、「島を愛する」という曲が流れました。
これは、どなたが歌っているのか分かりませんでしたが、
利尻・礼文航路でよく流れるご当地ソングのようです。

さてさて、濃い霧がたちこめる礼文島…その後はいかに?? (*^^*)

★Johさん

from 水無月
こんにちは コメントありがとうございます。

利尻・礼文、Johさんも行かれたことがおありだったのですね。
さすが、旅のスペシャリスト。
JR利用となると、今はフェリーへの連絡が以外と不便なんですよね。
高速バスとは連絡が取れているようなので、JRは不利な構図になっています。

車両持込で乗船すると、見られない場所や光景が見られて興味深いですね。

from もりぽん
とある事情で、最近フェリーに乗る機会が増えています
この時期の利礼航路は観光客の方が多くて、少々辟易しそうな混雑です
でもそうした人たちのおかげで航路が維持されているんですよね
JRもサロベツ復活とのことで、少しでも貢献しようと思っています
この夏は久々にJRで本州上陸を考えています
暑い日々が続きそうですので、お体にお気をつけくださいませ

★もりぽんさん

from 水無月
こんばんは コメントありがとうございます。

観光で出かける時は、少々の混雑は旅への期待もあって我慢できますが、
仕事となると苦痛になりますね。
11月に乗船した時はカラガラで、6月の混雑とのギャップに驚きました。
公共交通機関というのは、観光客に頼る部分というのは大きいですね。

サロベツ復活は嬉しいニュースですね。
またJRで本州上陸をご計画とのこと、北斗星かなぁ?楽しみですねぇ。

いつも見ていただき、お気遣いもくださり、ありがとうございます(*^^*)

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。