+ Little Letter +

+ Little Letter +

北の大地からの Photo Letter
プロフィール

水無月

Author:水無月
北海道在住

気ままに撮ってます

* 撮影機材 *
CanonEOS 50D
CanonEOS 7D
CanonEOS 7D MarkⅡ
CanonEOS 5D MarkⅢ

CanonPowerShoto
      SX710 HS
iPhone5

EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM

**画像の無断転載・複製等は
ご遠慮願います**

アクセスランキング参加中

お気に召したらポチッ☆とお願いします(^-^*)

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
印象に残った画像は?

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
作ってみました

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20131206 Fri
汽車通学 

汽車通学 

汽車通学


先日 別館に頂いたコメントで「汽車通学」という言葉が上がりました

汽車通学・・・ あぁ何て素敵な響きなのでしょう

封印していた「夢」が掘り起こされてしまいました・・・


と申しますのは 私は親が教員だったので 住むところは常に学校そばの教員住宅

小さな町は 小学校 中学校が並んで建っているところも多く 寄り道さえ叶わぬ夢・・・

ならば高校で! と思いきや 進学した高校は 何故か中学校のお隣にあったのです (>_<;)


汽車通学してくる友達からは 何度も「近くていいね~~」と言われたものでした

そんな汽車通学の友人のおうちに遊びに行ける日は 部活に明け暮れていた私には殆ど無く・・・

社会人となってからも その機会は訪れず 汽車通学は私の永遠の夢のまま封印されてしまいましたとさ



というか・・・「汽車通学」という言葉 もう死語なんですかね??



*注 画像の人物は身内であり 掲載に問題は生じておりません

*注 画像の車両は電車ではなく キハ40の車内なので「汽車通学」に間違いはありません!?


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^

関連記事

Comment

from うめじろう
新得ー帯広間約1時間。
毎朝6時に家を出る生活でした。
隠れてタバコ吸ったりなんかして。
あ、当時の国鉄は客席に灰皿ついてましたね。
でも高校生はダメでしょ。ごめんなさい <(_ _*)>

お写真、とても素敵です。
こんな風に女の子と向き合って座ったのは、汽車通していた間に何度あったろう。。。
数えるほどしかなかったような・・・(T-T)

from
こんばんは。

汽車通学、私もしたことないです。
松山に住んでいると、学校は市内にありますから、せいぜい路面電車通学でしょうが、それもしませんでした。
次男は高校のときは、自転車通学でしたし…。
昔、母は女学校に通うのに汽車に乗って通学していたそうです。

★うめじろうさん

from 水無月
こんにちは。コメントありがとうございます。

毎日朝6時に家を出て1時間の汽車通学・・・大変だったのですねぇ。
夏ならともかく、冬の朝6時は辛かった日もあったことでしょう。
簡単に『「汽車通学」が憧れ』なんて言ってはいけませんね・・・><
でも、その1時間の中にたくさんの思い出も詰まっているのでしょうね。
良いことも、若さゆえの悪いことも?・・・そしてドキドキのことも・・・

向かい合って座るボックスシートも少なくなりましたね。
その光景さえも過去になりつつある今、やっぱり汽車通学したかったなぁと思います。

写真へのお言葉、そして思い出話、ありがとうございました^^

★静さん

from 水無月
こんにちは。コメントありがとうございます。

静さんも汽車通学の経験はなかったのですね。
鉄道が好きな静さんですから、憧れませんでした?
とはいっても、それぞれの環境がありますものね。

自転車通学・・・これもいいなぁ。
四季の風を感じて、自転車通学・・・いいですねぇ。

お母さまは汽車通学されたのですね。
当時はやっぱりSL牽引の客車だったのでしょうか。
その時代の光景、見てみたいですね。

こんばんは

from いいだせんこう
水無月さん コンバンワ

なんか・・どきっとする写真ですね
ボックスシートだとこんなシュチエーションも
何度か経験していますが
私の地元ではJRの近郊車両は全てロングシートに変わり
こんなアングルから写真を撮る事は出来ません


汽車通学・・死語どころか私的には現役で使ってますよ。
地域柄 キハに乗る機会はありませんが
鉄旅で乗るキハも通勤で乗るクモハや新幹線も
ぜ~んぶ「きしゃ」と一括りにしています(笑)

余談ですが水無月さんのご両親は先生でしたか・・
水無月さんと本中小屋の駅でお会いした時
直感で水無月は きっと教員をされているか元教員?
なんて漠然と想像してしまいました。

なぜなら私自身と同じ匂いが…失礼
もっとも私の場合は教員免許が不要な先生ですが

すみません余計な事を書いてしまいました。

★いいだせんこうさん

from 水無月
こんばんは。コメントありがとうございます。

とても嬉しいコメントをいただきました。
1枚の写真がきっかけになって、見た方のご自分の思い出とか、連想する事柄や
エピソードなどを語っていただけると、とっても嬉しいんです。

「汽車通学」まだ死語じゃないんですねー、安心しましたです(笑)。
札沼線が電化になっても、私はまだ「きしゃ」と言ってしまいます。

むむむ・・・いいだせんこうさん、かなり鋭いかも、です。
以前、私は「先生」と呼ばれていました。
免許もあります。遠い昔ですね・・・。
そして現在は娘が教師をしています。
学生の頃、私は「先生」が嫌いだったのになぁ・・・
この「先生」との縁は何なんだろう?と不思議に思います。

遅刻の夢

from 与作
寒くなりましたね。ってもこちらの寒さなんてそちらとは比べられないほどのショボさなんですがね。
電車通学、、高校時代そうでした。早めの電車で通学して教室で寝てました、、(笑)そうすれば遅刻の心配ないでしょ?

未だに電車に乗り遅れる夢を見ますよ。

★与作さん

from 水無月
こんにちは コメントありがとうございます^^
寒いですねぇ。今年も思うような上場ができず、お財布の中身もめっちゃ寒いです^^;

与作さんは電車通学でしたか。やっぱり羨ましいなぁ。
でも電車の時間を常に気にしなくちゃいけないですよね。
未だに乗り遅れる夢を見るのは、そういうのが心の中にずっと残るからなのかな?

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://kitawing63.blog27.fc2.com/tb.php/197-d027113a

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。