+ Little Letter +

+ Little Letter +

北の大地からの Photo Letter
プロフィール

水無月

Author:水無月
北海道在住

気ままに撮ってます

* 撮影機材 *
CanonEOS 50D
CanonEOS 7D
CanonEOS 7D MarkⅡ
CanonEOS 5D MarkⅢ

CanonPowerShoto
      SX710 HS
iPhone5

EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM

**画像の無断転載・複製等は
ご遠慮願います**

アクセスランキング参加中

お気に召したらポチッ☆とお願いします(^-^*)

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
印象に残った画像は?

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
作ってみました

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20120411 Wed
利尻山 

利尻山 

利尻山(4_08)


空も 海も こんなに青いのに

肝心の「利尻山」だけが きちんと姿を見せてくれなかった



「またおいでよ 今度来る時は見せてあげるからね」



きっと そういうことなんだと思って 

遠ざかる島を ずっとずっと見送っていました


関連記事

Comment

from
こんばんは。

青と白がとても綺麗♪
こちらでは雪をかぶった島は見ることができないです。
いつも美しいお写真を、ありがとうございます!

島の別れ

from くまこ
遠ざかる島をずっと見送る・・・
島の別れというのは、なぜかさみしいものですね。
3月小笠原父島を離れる時も、観光で行ってたのに大勢の
見送りに涙ぐんでしまいました。
私が利尻を離れるときは、利尻山登山の辛さで疲れ切って
振り返る間もなく、部屋で横になった記憶がありますが・・・
これから何度か、島を離れるさみしさをかんじるのでしょうね。

★静さん

from 水無月
こんにちは。コメントありがとうございます♪

この山は北海道の北端、稚内(わっかない)からフェリーで渡ったところにある
利尻島(りしりとう)の中心にそびえる「利尻山」といいます。
北海道の秀峰に数えられ、見る方角によっては「利尻富士」とも呼ばれます。

この春から、この利尻島にご縁ができまして、今月初めに行ってまいりました。
往路は先の爆弾低気圧の名残で、フェリーがかなり揺れて写真どころではなかったのですが
復路では全貌とはいかないまでも、美しい姿を見せてくれました。

初夏に再訪したいと思っています。

★くまこさん

from 水無月
こんにちは。コメントありがとうございます♪

この島に渡る直前、先の“爆弾低気圧”に行く手を阻まれ、2日間も足止めを食らいました。
欠航が続いた後の、ようやくの出航は、まだ波のうねりも高く、客室で横になっていても
ゴロゴロと転がらんばかりの揺れに、私は完璧にやられました(>_<;)・・・

島に滞在中の2日間はバッタバタの時間ばかりで、淋しさを感じる暇もなかったのですが、
島を離れ振り返った時に、遅ればせながら淋しさで胸がいっぱいになりました。
フェリーの汽笛も、どこか物悲しい響きに感じられ、ファインダーの奥が滲んでみえました。

島に渡り10日が過ぎ、明るく温かな仲間に囲まれ、元気に新生活を送っているようです。

利尻登山、私も挑戦してみたいですが、初心者には難しいのかなぁ・・?
初夏に再訪しようと思っています。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告: