+ Little Letter +

+ Little Letter +

北の大地からの Photo Letter
プロフィール

水無月

Author:水無月
北海道在住

気ままに撮ってます

* 撮影機材 *
CanonEOS 50D
CanonEOS 7D
CanonEOS 7D MarkⅡ
CanonEOS 5D MarkⅢ

CanonPowerShoto
      SX710 HS
iPhone5

EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM

**画像の無断転載・複製等は
ご遠慮願います**

アクセスランキング参加中

お気に召したらポチッ☆とお願いします(^-^*)

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事
印象に残った画像は?

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
作ってみました

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130630 Sun
アオサギ、どぜうGet!だぜ 

アオサギ、どぜうGet!だぜ 

初夏の風に波打つほどに伸びた青田の中で 獲物を求めて歩くアオサギ

アオサギ1



獲物を見つけたようです・・・

アオサギ2

狙い定めて・・・

長い首を水の中にシュッ

アオサギ3



どじょうをGet!!

アオサギ4



パクリ

アオサギ5

まいう~♪・・・とは言ってないけど

・・・まだ尻尾が残ってますね 


以上 アオサギのハンターシーンでした^^;


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^

スポンサーサイト
20130628 Fri
名峰が目の前-利尻空港- 

名峰が目の前-利尻空港- 

空港はおおむね海の近くにあることが多いですが 利尻空港は名峰『利尻山』が迫ってくるほどに目前

初めて利尻空港の展望デッキに上がったときは 思わず「わぁ!」と声が出てしまったほどでした



利尻島へのアクセスは 稚内まで高速バスやJRを利用し 稚内港からフェリーというのが大方の行程ですが

これは結構 時間がかかります

時間が無い! 途中の観光もいらない! 一気に利尻へ行きたい!という方は 飛行機ならびゅーんと1時間弱

丘珠空港からHAC定期便が一日1往復出ています

そのHACのSAAB(サーブ)340Bと利尻山

利尻空港

ね 残雪美しい利尻山が迫ってくるようでしょ


そして6~9月の観光シーズンは新千歳からANAの臨時便も1往復

利尻空港

B737-500スーパードルフィンは 爽やかな季節にピッタリ



時間通りの運行なら この2機は1時間のスライドで重なることはないのですが 

この日はHACの到着が遅れたために 2機と利尻山が一緒に撮れました♪

利尻空港3

ラッキー



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^

20130623 Sun
今宵 スーパームーン 

今宵 スーパームーン 

今夜は 月が地球に最も接近する時と満月が重なる「スーパームーン」なる現象が見られるという


お天気はタイミングよく晴れ♪

「スーパームーン」いつ撮るの? 今でしょ!!

てなワケで 三脚とカメラを車に積み込み 近場へ



いざ撮影・・と400mm望遠でお月さんを撮っても これじゃ大きいだけで 何かフツー??

標準レンズに付替え 周りの風景と一緒にパチリ


たっぷ大橋と月


これも結果的に 普通に満月の夜景なのですが 

この高度で見るお月さん やっぱりいつもよりは大きいのかな?


でも実際に自分の目でみるスーパームーンは 明らかにいつもと輝きが違いました

これを撮るために 3箇所も蚊の餌食になっちゃったけど ちょっと楽しい撮影タイムでした


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^



20130622 Sat
利尻山に星が降る 

利尻山に星が降る 

昼間の利尻山も綺麗だけど 今回の旅では夜も晴れて星が見えていたなら

夜の利尻山も撮影したいなと思っていました


そのチャンスは1日目にすぐ巡ってきました

夜間の長秒露光は得意ではないので 設定に戸惑ってばかりでしたが

何とか・・・


夜の利尻山


満天の星を表現するには もっと露光時間を長くしなきゃダメですね

まだまだ修行中です


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^


鉄道&航空機写真ブログはこちら 

20130620 Thu
初夏の利尻山~オタトマリ沼より 

初夏の利尻山~オタトマリ沼より 

離島の旅シリーズ 順を追ってUPしていたら なかなか利尻に辿り着かないので

今日からはランダムに載せていきます^^;



利尻は島というより 海に浮かぶ利尻山そのもの・・・といっていいでしょう

円形の島は1周約55kmで 私が訪れた翌日は島一周マラソンが行われ 

道内外からたくさんのランナーが 初夏の利尻島内を駆けていました



さて利尻島の数ある名所の中で 一番人気なのが「オタトマリ沼」から見る利尻山

風が無ければ 沼に映る水鏡(逆さ利尻富士)が素敵です 

私の行った日は微風・・・でもこれでも充分ですよね

利尻山(オタトマリ沼)

ここでは利尻山を南東側から見ていますが 午後だと半逆光気味になるのでしょうか



ところで ここからの利尻山の形・・・どこかで見覚えのある方はいらっしゃるでしょうか??

実は北海道で とても人気のお土産のパッケージ写真に使われているのです


利尻山(オタトマリ沼)2

それは 石屋製菓の一番人気『白い恋人』というお菓子

石屋製菓の社長が利尻島を訪れた時に スイスの山並みにも似た利尻山を非常に気に入られたとのこと

『白い恋人』を見かけたら 是非 パッケージ写真に注目してみてください♪


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^


20130618 Tue
礼文島で出会った花たち 

礼文島で出会った花たち 


脱線ばかりしてますが 再び離島の旅シリーズに戻ります^^;


礼文島は「花の浮島」とも呼ばれています

礼文島にしか咲かない希少植物や希少高山植物が 花の季節を迎える4月から次々と咲き

訪れる人々の目を楽しませてくれます


私が訪れた6月始めは まだ咲いている花の種類は少なかったのですが 

それでも平地では見られない花たちに 幾つか出会うことができました


以下 拙い画像を並べますが 興味のある方はどうぞ・・・

キジムシロ バラ科
【キジムシロ バラ科】礼文島では 比較的広範囲で見られる花でした


ハクサンチドリ(白山千鳥)ラン科
【ハクサンチドリ(白山千鳥)ラン科】レブンアツモリソウの近くで競うように咲いていました


ヒトリシヅカ(一人静)センリョウ科
【ヒトリシズカ(一人静) センリョウ科】 春の野花としてポピュラーな花ですね


クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)ユリ科
【クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)ユリ科】この花の名前が私は分からず 近くにいた方が教えてくださいました


イワベンケイ(岩弁慶)
【イワベンケイ(岩弁慶)】とても生命力が強く その強さを弁慶に例えての命名とのこと


チョウノスケソウ(長之助草)バラ科
【チョウノスケソウ(長之助草)バラ科】希少種だそうです


ウルップソウ(得撫草)
【ウルップソウ(得撫草)】こちらも希少種


レブンコザクラ(礼文小桜)サクラソウ科
【レブンコザクラ(礼文小桜)サクラソウ科】アツモリソウと共に礼文を代表する花 可愛いですね

クロユリ
【クロユリ】 まだ咲き始めで恥ずかしそうにうつむいていました


ミヤマオダマキ(深山苧環)
【ミヤマオダマキ(深山苧環)】こちらも比較的ポピュラーな花ですが 礼文では咲きだしたばかりでした


お花の撮影は相変わらず苦手ですが 春の陽を浴びて健気に咲く姿に愛らしさを感じました


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです(^-^*)

20130616 Sun
今日も釘付け 

今日も釘付け 

今日の『空飛ぶ広報室』もやってくれましたね

めっちゃTV画面に釘付けでしたよ

Blue Impulsu-ブルー・インパルス- 素晴らしい飛技を見せてくれていました


来週は・・震災が起きるシーン

ブルーの拠点 松島基地も被災し ホームでの訓練が充分に出来なくなってしまいましたが

被災後 一番最初にアクロバット飛行を披露してくれたのが 千歳基地での航空際でした


Blue Impulse


美しい飛行に 訪れた人々はみんな感動していたと思います

今年も航空際が待ち遠しいです


・・・・ということで また離島の旅の写真が後回しに・・・^^;



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

20130615 Sat
菜の花畑と・・・やっぱり電車 

菜の花畑と・・・やっぱり電車 


離島の旅の写真のUPがのんびり過ぎて 季節がどんどん進む

仕事もハードになり 夜は睡魔に負けてしまう日々で 先週撮った写真がすでに季節外れになりそう 

離島シリーズは一旦お休みして ちょうど一週間前に撮った菜の花畑をここでUP


菜の花畑

ここは滝川市江部乙地区の菜の花畑で 作付けは全国一だそうです

市内のあちこちに菜の花畑が広がっており 開花時期には「菜の花まつり」も開催されています

いつもは仕事の都合で見られない私ですが 今年は念願叶って見に行くことができました



菜の花畑

ピンネシリや暑寒別岳には まだ残雪が見え 菜の花の黄色と青空と残雪の白のトリオが清々しさを感じさせます

とは言っても この日は気温が高く 立ちのぼる菜の花の香りにむせ返るほど・・・




菜の花

このまぶしい黄色は 見ているだけで元気をくれますね





何枚も菜の花畑を撮ったけど これだけでお腹いっぱいにはならない私

やっぱりアレと撮らなければ・・・( ̄ー ̄)



この地区に来たなら 組み合わせるのは赤電くんこと711系でしょう


線路際の菜の花畑を探し 逆光は承知で無理やりコラボ

菜の花畑と711系(2194M )江部乙-滝川

この日の2194Mには旧塗色のS-114が入っていてラッキーでした


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ポチっと応援していただけると嬉しいです^^

20130610 Mon
ここにしか咲かない花-レブンアツモリソウ- 

ここにしか咲かない花-レブンアツモリソウ- 


花の種類や名前には疎い私ですが 礼文に行ったなら「これだけは見てみたい」と願っていたのが

礼文にしか咲かない「レンブアツモリソウ」



今年の北海道は春が遅かったので 咲いているかどうか心配でしたが

日当たりの良い斜面に ぽつり ぽつりと咲き出したところでした


レブンアツモリソウ・・・出会えてよかったです

レブンアツモリソウ

ラン科の花で 特定国内希少野生植物種に指定されています

かつては礼文島内全体に咲いていたのが 大きな山火事により激減 

その後 盗掘にも遭い 今では保護区にしか咲いていないそうです





レブンアツモリソウ2

手を触れてみたくなるほど ふんわりと膨らんだ袋状の花の中に 虫を誘い込んで受粉するのでしょうか

しかし手を触れるなど 厳禁

保護区に入るのも時間が制限されていて 群生地のコース内には監視員が配置されていました

撮影も接写が難しく 望遠で寄って撮影しました



レブンアツモリソウ3


礼文島では この花を守り この地に咲き続けてほしいという思いで 培養も行われているようです


その地でしか咲かない花・・・可憐な姿に出会えると とても感動しますね


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ポチッと応援していただけると嬉しいです^^

20130608 Sat
日本最北端の朝日 

日本最北端の朝日 

留萌で夕日を撮影した後は 日本の北端「宗谷岬」を目指し ひたすら北上

・・とは言っても 夜のオロロンラインは 走る車は淋しいほど少なく 

午後10時前には あっけなく宗谷岬に到着してしまいました



日の出に備えて とりあえず車内泊

しかし午前2時半には 何艘もの漁船が沖へ出て行く音で目が覚めました 

この時期の北海道の日の出は早く やがて じわじわと白む空


水平線には雲がかかってしまいましたが 日本最北端「宗谷岬」から見る朝日です

宗谷岬 朝日


日本最北端の地のモニュメント

日本最北端

晴れてくれて 良かった♪


このあとは 稚内のもう一つの岬「ノシャップ岬」に向かいます

位置関係はこうなっていますよん 地図




ノシャップ岬に到着 

ノシャップ岬

まだ午前5時前ですが すでに日が高いです




ノシャップ岬から見る 利尻山は朝霧に霞んでいます

ノシャップ岬から見る利尻山


いよいよ このあとは礼文島行きのフェリーに乗船します♪



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ぽちっと応援していただけると嬉しいです^^

20130606 Thu
日本海の夕日 

日本海の夕日 


5月31日の夕刻に自宅を出発し 車中泊1+2泊3日の離島の旅より一昨日帰ってきました


旅の途中で投稿しようかと思ったのですが ネット環境が思わしくなく断念><

帰宅後は休んだ分を取り戻すべく 仕事に忙殺されていました



ぼちぼち 旅の模様をUPしていきたいと思います


出発日はよく晴れて気温も高く 日本海に沈む夕日を収めたくて まずは留萌(るもい)まで急ぎました

何とか落陽寸前に海沿いに到着


ちょっと雲がかかってしまったけど 素敵な夕日に出会えました

日本海の夕日(小平町付近)



海と反対側の斜面の上には オロロンラインでよく見る風車

夕暮れの風車(小平町付近)



まもなく日も沈み この後は北端の宗谷岬を目指しました


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ ポチッと応援していただけると嬉しいです^^

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。